女性にモテる男になるための方法を、惜しみなく大公開していきます。

モテる

モテる 行動

デート代はおごって当然!モテる男が割り勘にしない理由

気になっている女性とデートや食事に行ったとき、支払いの時はおごるべきなのか、それとも割り勘にしていいものなのか、迷ってしまうことは多いかと思います。

恋愛に長けているナンパ師は、基本的に割り勘にするということを聞いたりすると、
「自分も割り勘でいいのかな」なんて考えてしまうと思いますが、本当に割り勘でその恋愛はうまくいくでしょうか?

男女平等が叫ばれている今の時代ですから、デート代や食事代は割り勘でいいじゃないか!

という声もありますが、女性とデートに行った時には基本的に男性がデート代や食事代の大半を支払うべきです。

毎回のデートで全額おごっていたら生活ができなくなると思いますが、気になった女性と初めてデートに行った時や食事に行った時には全額おごってあげるべきですし、もしも付き合うようになってもきっちり割り勘ではなく、食事代は全部おごってあげてテーマパークの入場料などのデート代は割り勘にするとか、男性が多めに支払うようにしましょう。

ですが、

「なんで男だけが払わなくちゃいけないんだ」
「都合のいい時だけ男女平等を引っ込めるな」
「同じ社会人なら条件は同じじゃないか」
「デートや食事はお互いに楽しむものなのに」

などと、男性がデート代や食事代を女性におごることに不満を持つ男性もいるかと思います。

おごることによって上からになる女性もたくさんいますが、それでもデート代や食事代は男性がおごるべきです。

なぜそこまでして男性がデート代や食事代をおごるべきなのか、その理由をお伝えしていきます。

自分が優位な立場に立ち、心地よい恋愛をするためにも、ぜひ参考にしてください。

 

デート代や食事代を割り勘にせず、男性がおごるべき理由

 

デート代や食事代を割り勘にせず男性がおごるということは、金銭的に男性の負担が大きくなるので不公平なような気もしますが、おごることで受けることのできるメリットをよく知っておけば、安いものだと思うはずです。

デート代や食事代を女性におごることは、おいしい思いをするためには必須なんですよ。

 

男性の魅力をアピールできる

 

女性に対して男性が食事を提供するというのは、特に男性の魅力をアピールすることにつながります。

というのも、現代でこそ男女平等が叫ばれ、男性も女性も同じように仕事をして生活をしていますが、人間は古来より男性と女性で仕事を分業して生活してきています。

男性の仕事は、外に出て食料を手に入れて家族に供給し、家族を危険から守ることであり、その一方で女性は、男性の子供を産み育て、より良い遺伝子を後世に伝えていくこと。

自分が安全な場所にいても男性が食事を運んできてくれ、外敵から守ってくれるから女性はセックスをすることもできますし、子供を産み育てることもできたわけです。

ですから現代の女性も、自分を守ってくれる、自分が安心して生活していける力を持っている男性のことを本能的に求めていますし、現代で言えば安心して暮らしていける男性の力は経済力ですから、経済力を持った男性に価値を感じるのも当然です。

つまり、デート代や食事代を女性におごることは、女性から価値のある男として認識してもらうために必要不可欠なのです。

 

恋愛の主導権を握ることができる

 

そもそも女性が男性よりも上の立場にあると、女性は自分よりも下の立場の男性に魅力を感じませんし恋愛対象外の男とみなすので、女性に振り回されるだけになります。

ですから、気になっている女性を惚れさせて恋愛対象の男としてみてもらうためには、恋愛の主導権を握って相手の女性よりも上の立場にいなければなりません。

そのためにも、デート代や食事代を女性におごるということは、効果を発揮してくれます。

例えば、同じ立場の上司の中でも、食事をおごってくれる上司のことは、なんとなくその上司のことを立てたり、他の上司より上の存在としてみたりするかと思いますが、女性とデートをしている時にも、男性がデート代や食事代をおごると、その男性のことを上の存在として感じるのです。

また、まともな女性であれば、男性がデート代や食事代をおごった時には、
「おごってもらったら悪いし、私も出すよ」という感じになり、心理的に負い目を感じていますから、
「じゃあ今度、〇〇が美味しいカフェに行った時におごってよ」と次のデートの約束の口実に使うこともできます。

 

デートをしてくれた対価として

 

恋愛は男性か女性かのどちらかが相手を追いかけて、そちらかが相手に追われるという状況になるものであり、基本的に恋愛に関して女性は受け身ですから、付き合うまでの間は男性に追われる側に立っています。

つまり、気になっている女性とデートをしたり食事に行ったりする時には、男性は「貴重な女性の時間を割いてもらって、そしてデートや食事に付き合ってもらっている」という感覚を持っておくべき。

女性は自分に近寄ってくる男性が自分に見合うかどうかを、デートや食事をしている時に観察して判断していますし、その時に男性は女性に品定めをしてもらっているわけです。

ですからデートや食事を割り勘にすると、
「そっちから品定めしてくれって頼んでおいて割り勘かよ!」と思われても仕方ないのです。

出会ってから数回のデートや食事の時には、女性は男性の価値を見定めている時であり、男性からすればいわば女性に面接をお願いしている状況ですから、デートや食事といった面接に応じてくれた対価として、男性がおごるということは当然です。

 

まとめ

 

男性がデート代や食事代をおごるべきなのか、その理由を知れば、割り勘にしようなどと言う気も無くなったかと思います。

ですが勘違いしないでほしいのですが、男性がデート代や食事代をおごるというのは、食事代だけでなく、テーマパークに行ったときの入場料や、旅行に行ったときの交通費や宿泊費、コンビニに寄った時のお菓子やジュースなどの支払いまで、一日の費用を全て男性が負担するという訳ではありません。

電車賃を出したり、帰りのタクシー代を渡したりまですると、それはただの女性の奴隷であり、女性に良いように使われるだけの男になってしまいます。

女性とデートに行った時には、基本的に男性がデート代や食事代の大半を支払うという意識を持ち、もしもその日のデート代が高額になりそうであれば、食事代は全部おごってあげてテーマパークの入場料などのデート代は割り勘にするとか、自分の立場が女性よりも上になるようにバランスを見ながら配分を考えてくださいね。

出会い系サイト 会員数順ランキング

会員数が順調に伸びている出会い系サイトは、つまりそれだけユーザーに信頼されているということであり、口コミでも広まっているので安全で真面目な出会いを求める女性が多く登録しているのでサクラも少ないです。逆にそうでない危険な出会い系サイトには会員が集まらなくなっていますので、女性とちゃんと出会いたいなら会員数の多い出会い系サイトを利用するようにしましょう。

ハッピーメール

男女ともに会員数が多いので年齢層やタイプが幅広く、女性の業種検索ができるのが嬉しいところ。 広告に有名タレントを起用することもあり、それは高い信頼があってこそ。 つまり「一番信頼できる出会い系アプリ」といっても過言ではありません。 出会い系アプリに初めて登録する人は、ハッピーメールをおすすめします。

YYC

有名な企業であるmixiが運営している出会い系アプリが、YYC。 mixiが運営するだけあって使い勝手がよく、個人情報やセキュリティ面を考えても信頼度は抜群で安心感があります。 名前の知れた会社ですし、問題を起こしてしまうと大問題になりますから管理は徹底されており、サクラや悪質なユーザーが少ないです。

PCMAX

900万人の会員数だったのですが、ついに1000万人を超える会員数の獲得に成功している老舗サイト。 出会い系アプリは実際に利用しているユーザーの信頼性が全ての中で、老舗ながらも着実に会員数を伸ばしているのは、健全な運営体制をとっていて出会える証拠。 信頼されないとどんどん潰れていく中で、長く運営しているのは健全な出会いを提供できているからに他なりません。

-モテる 行動
-, , , , , , , ,

Copyright© モテる , 2020 All Rights Reserved.